*2022年10月の開校予定です。現在は開校準備を手伝って頂ける正社員スタッフやインターンシップ(短期)の方を募集しています。

世界のどこででも働ける人材を育成します

HTML

CSS

JavaScript

英会話

充実した食事

食事を毎日3食提供

安心清潔な施設

定期的にヘルパーが清掃

自然豊かな環境

世界遺産の湖が徒歩5分

頼れるスタッフ

現地日本人によるサポート体制

3つの特徴

1.プログラミングスキルの学習

プログラミングの基礎であるHTML、CSS、JavaScriptのスキルを身につけて頂きます。

当スクールのレッスンは、ただ単に講師の授業を聞くだけでなく、講師、他の生徒とディスカッションする等、インタラクティブな授業となりますので、プログラミングスキルと同時に、実践的な英語力も習得することができます。

2.IT英語の学習

この世界には数多くの言語がありそれぞれに良さがありますが、より広く、世界で働く、生活する為に必要な言語は英語です。

当スクールではプログラミングの世界でよく使われるIT用語、それから当スクールの授業を理解するための英語の学習を行って頂きます。

3.メンター

プログラミングは反復練習が大切です。

その日の授業内容を復習したり、次の授業の内容を予習したりして、授業とは別に自己学習をすることで、スキルが身につきます。

ただ、1人で自己学習するのは余程のモチベーションがないと継続できないものですので、

当スクールではメンターが側にいて、いつでも躓いた時や質問がある時に聞いて、その場で解決をすることができます。

プログラミング+英語で世界で活躍する

パソコンで動画編集の仕事を行い、オンラインで営業や契約、納品を行う。

仕事をしながら世界中を旅する。

ライタリティスクールは、そういう人材を育成したいです。

チャレンジしてみましょう。

せっかく日本に生まれて、世界一のパスポートを持てるのだから。

講師

生徒の声

ブログ

Blog

インターンシップ募集のお知らせ

当スクールの運営をサポートしていただける、インターンシップを募集をいたします。 ※定員に達し次第、締め切らせていただきますので、ご了承ください。 <募集要項> ・18歳以上の方。 ※未成年の場合は、保護者の同意書が必要で…

Read more
News

WEBサイトを開設しました

世界のどこででも働けるスキルを身に付けて頂く為のスクールの開校を2022年10月ごろ目指します! 開校までの様子を随時アップして行きます。 一緒に働いてくれる方や、インターンシップを募集していますのでお気軽にお問い合わせ…

Read more

無料オンライン相談予約

下記お問い合わせフォームから無料相談の申し込みをお願い致します。

    料金

    3 Month

    男女別カプセルルーム

    月額¥220,000月額¥180,000(トライアル期間中)

    1日のスケジュール(イメージ)

    時間/曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
    08:45 – 09:30 English Class English Class English Class
    10:00 – 10:45 English Class English Class English Class IT Class
    11:15 – 12:00 English Class English Class English Class IT Class
    12:00 – 12:30 昼食 昼食 昼食 昼食 昼食
    12:30 – 13:15 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習 IT Class
    13:45 – 14:00 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習
    14:15 – 15:00 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習 メンター付自習
    15:15 – 16:00
    16:15 – 17:00
    17:00 – 17:30 夕食 夕食 夕食 夕食 夕食
    17:30 – 18:15 IT Class IT Class
    18:45 – 19:30 IT Class IT Class
    20:00 – 20:45 IT Class IT Class

    Q&A

    北マケドニアについて

    北マケドニアでは英語は通じますか。

    若い世代の方は、ほとんどの方が話す事ができます。40代ぐらいから喋れる方が少なくなる印象がありますが、観光産業(ホテルやレストラン、タクシーなど)で働く方は年代問わず英語が話せる方がほとんどです。

    英語漬けになれる環境を探しています、日本人は少ないですか。

    北マケドニア自体は日本人はもちろん、アジア系の方々も少ないです。

    当校の生徒は日本人が大多数を占めますので、寮には日本人が多く滞在することになります。

    ただし、プログラミングの授業は現地の学生もいますので、積極的にコミュニケーションを取り合い、英語力を向上させて頂ければと思います。

    現地の食事は美味しいですか。

    はい。現地の食事に関しては、好みはあるかと思いますが、「安くて美味しい」と思います。

    現地の郷土料理ばかりではなく、ピザやパスタ、ハンバーガーなど日本人が慣れ親しんでいるものもありますので、安心してください。

    チップは必要ですか。

    いいえ、北マケドニアでは基本的に不要ですが、チップを渡す方もいます。
    観光地のレストランでは5%程度置くと良いかもしれません。

    留学前の準備について

    入学資格はありますか。

    高校生以上の方で、留学費用を準備できれば入学可能です。
    ※未成年の場合は保護者の同意書があれば、入学可能です。
    ※18歳未満の場合は別途、入国時に保護者の同意書が必要です。

    Writerity School では、どのような手続きを行って頂けますか。

    当校では、警察署への滞在届の提出を行い、生徒の皆様が問題なく滞在できるようにサポートいたします。

    航空券やパスポート、保険等に関しましては、ご自身でご準備して頂く必要があります。

    出発までに何をすれば良いですか。

    「出発の準備」のページにて詳細をご確認ください。

    自分で準備する必要があるものは何ですか。

    航空券、海外旅行保険、パスポートの3点はご自身で用意していただきます。
    また、多額の現金を持ち歩くことは危険ですので、クレジットカードを持たれると良いと思います。

    クレジットカードは北マケドニアでも使用可能ですか。

    VISAかMasterであれば、ほとんどの場所で使用可能です。

    JCBを使用できる場所はほとんどないので、ご注意ください。

    現地に持っていくと良いものは何ですか。

    基本的に、現地で生活用品は調達できます。しかし、ご自身に合った化粧品、シャンプー、ボディーソープは、持っていかれると良いと思います。

    気候に応じて、分厚いジャケットやコートを持っていかれた方が良いと思います。

    冬場は、マイナス0度になる時もありますので、そういった環境でも外出できる程度の衣類は必要です。

    滞在先に荷物を送りたいのですが、いつ頃に送れば良いですか。

    1ヶ月程度はかかりますので、それを見越して日本出発前に送って頂くのが良いかと思います。

    英語力はどれくらい必要ですか。

    英語力に関しては、必要基準は設けてはおりません。

    英語力があまりない方でも理解できるようにカリキュラムを作成しておりますので、心配して頂く必要はないかと思います。

    海外に行くことが初めてで、飛行機の搭乗や外国人と話すことが不安です。

    飛行機搭乗の流れにつきましては、 航空券に記載されている航空会社のチェックインカウンターで、出国時刻の2時間程度前に受付が始まり、チェックインと荷物の預け入れがありますので、余裕を持ってお越しください。

    次に、手荷物の保安検査場に行きます。水などの入ったペットボトルはそこに入る前に捨ててください。はさみ等も持ち込めないので、何が持ち込めないかは事前に確認するようにしましょう。尚、男性の場合はベルトや腕時計などが検査機に引っかかる可能性が高いので、全て外し、パスポートと航空券のみ持って、荷物は検査用の箱に入れてください。

    そして、最後に搭乗ゲートに手荷物を持って、向かってください。空港に配置されているフライトスケジュールモニターで、搭乗ゲートを見つけてください。(もし見つからなければ、空港のスタッフの人に”Where is the gate to go to Skopje (Ohrid)?”等 と尋ねてください。又、英語が聞き取れない場合は紙に書いてもらってください。(”Can you write the location of the gate to go to Skopje (Ohrid) on the paper?”)

    外国人と会話することが不安なのは、誰でも同じなので安心してください。最初は、なかなか不慣れかもしれませんが、徐々に慣れると思います。

    北マケドニアに入国する際、入国審査では何を聞かれますか。

    英語で「滞在の目的」「滞在予定日数」について聞かれます。

    また、コロナ渦ですと「ワクチンを接種していますか。証明書を見せてください。」と尋ねられます。

    そういった場合、”I am going to stay in North Macedonia to study English for 3 months” のようにお答え頂ければ問題ありません。

    ワクチン接種証明書などの書類とパスポートは、そのまま何も言わずに渡しても問題ありませんが、入国目的と滞在日数に関しては、英語で答えられるようにしておいてください。

    現地での通貨はどうしたら良いですか。

    現地ではマケドニアディナール(MKD)を使用するため、両替所で日本円やユーロ、US

    ドルから両替をして頂く必要があります。

    オフリドの両替所では日本円を両替してくれる場所がないので、日本でユーロやUSドルに両替をしてくるか、スコピエ空港で両替をする必要があります。

    クレジットカードがほとんどのお店で使用できますので、現金とクレジットカード、どちらもお持ち頂くのが良いかと思います。

    また、キャッシング機能があるクレジットカードをお持ちであれば、現地のATMでキャッシングすることも可能です。

    JCBはほとんど対応していないため、VISAかMasterのクレジットカードをお持ち頂く必要があります。

    クレジットカードの海外渡航保険以外に入る必要はありますか。

    ご自身が納得できる保険内容であれば、クレジットカードの付帯保険のみでも構いません

    しかし、大きな病気になられた際には不十分ですので、海外旅行保険に加入された方が安心です。

    常備薬は持っていったほうが良いですか。

    はい。現地では薬品等は販売していますが、北マケドニア語で記載されているため、内容の把握が難しいと思うので、日本からお持ち頂くのが良いかと思います。

    北マケドニアで使用可能なプラグのタイプは何ですか。

    北マケドニでは、Cタイプを使用することができます。

    留学中について

    滞在先としてどのような選択肢がありますか。

    当校の中に、カプセルホテル型の宿泊施設(4人部屋、共同バスルーム)もしくは、アパート型の宿泊施設(1人部屋、2人部屋)がございます。

    日本からの到着日に、空港から滞在先までどう行けば良いですか?

    オフリドの空港であれば、無料で当校のスタッフがお迎えに参ります。

    スコピエ空港であれば、有料(20,000円)にはなりますが、当校のスタッフがお迎えに参ることも可能です。

    もしスコピエ空港からご自身で来られる場合は、別途、空港からの行き方について「スコピエ空港から当校へのアクセス方法」で紹介をしておりますので、ご確認ください。

    留学先での生活はどんな感じですか。

    平日の月曜日から金曜日は、当校で学習して頂きます。

    土日祝日は、自由時間となっていますので、オフリド市内や首都のスコピエなどの他都市、他国へも渡航可能です。

    寮でWI-FIは使えますか。

    はい、ご利用頂けます。こちらに到着した際に、Wi-Fiのパスワードをお伝えしますので、安心してださい。

    現地でSIMカードは入手できますか。

    はい、可能です。現地のTelekomで購入することができます。

    <金額>

    SIM本体価格:400MKD (一週間、5GB使用可能付き)

    週額の場合:

    1、Sパッケージ:500MB / 59 MKD
    2、Mパッケージ:1GB / 99 MKD
    3、Lパッケージ:2GB / 129 MKD

    月額の場合:

    1、Sパッケージ:500MB / 129MKD
    2、Mパッケージ:2GB / 249 MKD
    3、Lパッケージ:8GB / 499 MKD

    ※寮ではWi-Fiが使用できますので、1ヶ月2〜4GBで十分だと思われます。

    もし足りないのであれば、後からアプリ内でチャージをすることも可能です。

    ※アプリ内でのチャージの際には、クレジットカードが必要です。

    店頭であれば、現金も可能です。

    ※アプリ内でのチャージの際は、各パッケージのMB or GB数が倍になって付与されます。

    例)週額のSパッケージの場合:500MB + 500MB / 59 MKD

    ※アプリに関しては、到着後にご案内しますので、安心してください。

     

    <Telekomのウェブサイト>

    https://www.telekom.mk/internet-en.nspx

    留学中のトラブルに関して不安です。

    事故や病気等での病院の紹介などは、現地でサポート致します。

    留学中に現地でアルバイトはできますか。

    労働ビザが必要になるため、アルバイトはできません。

    留学中の住民票の扱いはどうなりますか。

    海外転出届を出すことで、住民票を抜くことができますが、滞在期間が1年未満であれば、海外転出届を出す必要はありません。

    市区町村によって異なるため、ご自身で確認ください。

    1年以上滞在される場合でも、何らかの理由で住民票を残しておく必要がある場合は、そのままにしておくことも可能ですが、その間も国民健康保険や年金などの支払い義務が発生します。

    留学中の国民年金について不安です。

    国民年金の支払いは、海外転出届を出していれば、支払い義務はありません。

    ただし、海外転出届を出していても、任意加入手続きをして、支払いを継続することが可能です。

    詳しくは日本年金機構のウェブサイトや、年金課で確認をしてください。

    留学中の住民税はどうなりますか。

    滞在期間が1年未満の場合は、住民票を抜いていたとしても住民税の支払い義務があるため、日本帰国後に登録した市区町村から納税通知が届くことになります。

    1年以上の場合は、海外転出届に記入する出国日によって、以下のような違いがあります。
    1、今年の12月31日までに出国→来年の住民税「請求なし」
    2、来年の1月1日以降に出国→来年の住民税「請求あり」

    もし授業についていけなかったらどうすれば良いですか。

    当校が提供している英語学習は、どのレベルの人からでも分かりやすい内容で作成されているので、問題ないと思います。

    万が一授業についていけない場合は、講師や当校のスタッフに相談いただけます。

    途中でやめることはできますか。

    ご自身の判断のため、可能ですが、残りの期間の返金はありませんので、ご了承ください。

    留学後について

    Writerity School を卒業した後はどうなりますか。

    世界で活躍するのに必要なプログラミングスキルや英語を学習しますので、ご自身が意欲的に学べば、十分にご活躍できる人材になることが可能です。

    また、ご自身の能力によっては弊社で働くことも可能です。

    質問が解決しない方へ

    無料のオンライン相談を受け付けております。

    下記よりお気軽にお申し込みください!

    Contact

    *当スクール開校前はVilla Marina(ヴィラマリナ)というゲストハウスが運営されていました

    +389 71 931 987

    school-info@writerity.com

    am8:00 - pm5:00

    str. Vasil Stefoski no. 36 A, Ohrid

    YouTubeInstagram